読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chayとかやまろ

私は今、病院で、不妊治療をおこなっています。だけど、それがとてもストレスになっています。
なんでここまでしないと、赤ちゃんができない事が私からすればかなりのストレスをためる原因になっています。許されれば、もう、全て投げ出してしまいたいです。
なのに、それができない事が、ストレスをためる原因になっています。

不妊治療というものに抵抗を感じるご夫婦がでてくるかもしれません。

さらに、不妊治療には不安がなかったとしても、不妊治療に不可欠な費用が負担になってスタートさせられなかったり、継続が困難なこともあると思います。タイミング治療の場合には、それほどお金がかかりませんが、AIHの希望となると、沢山の費用が必要となってしまいます。葉酸の添加を特長にしている食品は目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。


皆さんもどこかで見ているはずのマークは、消費者庁が申請に基づいて審査をして食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。

食品に特定保健用食品のマークがあれば、一定の基準を満たし、認可を得ているという明示になっており、同じ食品なら葉酸を添加したものがいいという場合は商品選択の基準になりますね。
私が妊娠することができたのは、葉酸サプリのおかげだと思っています。

テレビで私は葉酸サプリの重要性を初めて知りました。



妊活にいそしんでる人が自らすすんで飲むといいサプリだったのです。
私は結婚をしてから三年、赤ちゃんができませんでした。それで、試してみようと飲んでみたところ、嬉しいことに半年後に妊娠しました。

いまの不妊状態から脱出するのに、いつもの食事を改めてみるのも重要なことだと思います。


精子卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、不健全な食習慣の下では活発な卵子精子は期待できませんよね。
妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、栄養バランスの良い食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性由来のものとが考えられるでしょう。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。


お腹に赤ちゃんがいることで、母体の気持ちや毎日の生活が変わることもあるでしょう。



そこで変化で身体がストレスを感じ、自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは生じるというのが定説ですが、ストレスで自律神経の働きが乱れるために起こることも考えられます。摂取した葉酸は、自律神経の乱れを調整し、ストレスに耐えやすくするために役立っており、副次的につわりの軽減も果たせるのです。



妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。


胎児の健康を考えて、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。


2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、それでも妊娠に至らず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。私の場合はそれが良かったのでしょう。それからしばらくしたら、下の子ができました。
費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
葉酸の選択方法は胎児への及ぼす影響を考えると状況が許す限り添加物のあまり入ってない物を選びとるのがよいでしょう。後、どのような会社で作成されているのか、放射能が残ってないか確認されているのかなど作り方にも気をつけて選ぶことを忘れないでください。



元々、葉酸はDNAの合成や脳や神経を作り出すとされ、特に胎児には欠かせない栄養素としています。今、先天性による異常のリスクが大きく減少させるとして、世界の中でその摂取法に関して指導勧告がなされているのです。必要な量は、0.44mg、授乳中0.34mgとしていますが、1000mg以上の過剰摂取は要注意です。妊娠したいときの食事はしっかりととった方がいいそうです。とりわけ、葉酸がいいのですが、他にも摂取が必要な栄養があります。



それはミネラル、鉄分などの栄養素です。
選り好みをせず、栄養バランスの整った食事をすることが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょう。できあいの食品や外食の頻度を抑えることも、妊娠したい方が食事で気を付けるべき点だと思います。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がることが期待できます。


それに、血液が増えると血行が良くなるだけでなくホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体作りができるのです。暑い時期が来ると、自然とキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、女性の中でも妊活をしている方はなるべく体の冷えを招く飲み物というのを飲まないようにした方がいいと思います。逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、体を冷やさないように気を付けてください。


今現在、妊活真っ只中という人は出来るだけ早く妊娠したいと望んでいらっしゃることと思います。毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといったベーシックなことは以前から行っているという人も多いでしょう。


一時期ブームになった風水的に言うと、ザクロはたくさん実を付けるので、その絵を夫婦の寝室の北側へ配置すれば、妊娠しやすくなると考えられているのです。

可能であれば、寝室も北に位置させるとなおさらいいと言われています。

葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。

しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。
中でもサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれています。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

不足がちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、大量に摂取するとより効き目があると何となく思ってしまう方もいてもおかしくありませんが、葉酸を一度に多量に摂ると副作用として、全身症状を起こすことがあります。大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす重篤な例もあります。葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。超過にはくれぐれも気をつけてください。



本格的に妊活を始めようとしている方は、まずは産婦人科等で一通りの検査を受けるようにしましょう。
検査の結果、体に問題が発見されなくても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、排卵周期を整え、性生活に相応しい時期の指導もしてもらえます。

妊娠を考えている方は自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。
妊活とは、赤ちゃんが出来やすくなるための活動で、赤ちゃんが出来る仕組みというものをよく理解しまた出来るだけその仕組みをコントロールしていくものであると言えます。

そしてまた、何をおいても大事だと言えるのは、ズバリ栄養であるということは分かるでしょう。とは言え、必要な栄養を完璧に摂るということは困難なことだと思います。そんな時に使えるのがサプリメントです。最近は妊娠を目的とした、いわゆる妊活サプリと呼ばれるものも出ました。妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば妊活中であっても服用に問題はありません。しかし、注意すべきはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。しかし、薬である事に変わりはありませんから、一般の市販薬や処方箋に限らず、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが母体のためにも良いでしょう。